日常英語、こんなときどう言う?#58

 日常英語、こんなときどう言う?#58

本日の「ふとした気まぐれ」にいってみましょう♪

お隣さんの息子さん(5歳)が英会話スクールに通うことになったようです。

A: a neighbor
B: myself


A: From this fall, my son is going to take English
  conversation lessons.

B: Oh, is he? Which school?

A: The XX school.

B: Near YY station?

A: Yes, that school doesn't advertise for students often,
  and I've heard this time it has been done for the first
  time in three years.

B: Oh, really? Have you taught your son some English
  at home?

A: Not really. But my husband often goes on business
  trips to America, that's why my son is really
  interested in English. But I wasn't sure if it was
  just a passing whim or not, so I didn't do anything
  about lessons. Now, he's been longing for lessons
  for a year, I finally decided to enroll him at
  a language school.

B: That's great! He must be excited!


《訳例》
A: この秋から、うちの息子、英会話習いにいくことになってん。

B: へぇ、そうなん。どこの学校?

A: XX学校。

B: あ、YY駅前の?

A: そうやねん。あの学校ってしょっちゅう募集ないねんて。今回の募集も
  3年ぶりやねんて。

B: へぇ~ほんまにぃ? 今まで家で英語教えたりしてたん?

A: たいして。でも、主人が出張でしょっちゅうアメリカに行くから
  英語にはすんごい興味もってやんねんやんかぁ。
  でも、子どもの気まぐれかもしれんから、と思って、そのまま放っててん。
  で、1年間ずっと習いたい習いたいって言い続けたから、ついに
  決めてんよ。

B: それはそれは。さぞ喜んでやるやろぉ~


―――☆ words and phrases ☆―――

■ for the first time in ~  ~ぶりに


   My brother went back home for the first time
   in ten years.
   (兄は10年ぶりに故郷へ戻った)
  
   A: Mary was really up today for the first time
     in a long time.
   B: That's probably because she finally passed
     the bar exam.
  
   A: メアリーは今日は久びさにとっても機嫌がよかったよ。
   B: それって多分、司法試験にやっと合格したからよ。


■ Not really.    あんまり。それほどでも。


  何か質問されたときの否定の答えを和らげます。
  "not very much" と同じ意味です。発音は下がり調子で。
  
   A: Do you want to go out for dinner?
   B: Not really.
   
   A: 夜、外食したい?
   B: あんまり。
   
   
   A: Was the movie fun?
   B: Not really.
   
   A: その映画は面白かった?
   B: それほどでも。
  
  
  相手の言ったことに対する驚きや信じられない気持ちを表して
  「まさか!」を表すこともあります。この場合の発音は上がり調子で。
  
   A: The former president passed away last week.
   B: Not really!
   
   A: 前大統領は先週亡くなりましたよ。
   B: まさか!


■ passing whim ふとした気まぐれ


  passing は「つかの間の、思いつきの」という意味の形容詞で
  whim は「気まぐれ、移り気、出来心」という意味の名詞です。
  
  
   A passing whim led me to drop in at that shop.
   (ふとした気まぐれでその店へ立ち寄った)
   
   The parents indulged their son's every whim and
   eventually spoiled him.
   
   (両親は息子のどんな気まぐれでも許したので結局その子を
    ダメにした)


  on a whim で「気まぐれに、思いつきで」を表します。
  
   He bought the house on a whim.
   (彼はふと思いついて家を買った)


■ long for     ~を待ちこがれる、切望する


   The children are longing for the summer vacation.
   (子どもたちは夏休みを待ちこがれている)
   
   We longed for the severe winter to be over.
   (私たちは厳しい冬が終わるのを待ち望んでいた)


―――☆ key points ☆―――

■ for the first time in ~  ~ぶりに

■ Not really.    あんまり。それほどでも。

■ passing whim ふとした気まぐれ

■ long for     ~を待ちこがれる、切望する

   





☆日常英語のTOPへ☆