日常英語、こんなときどう言う?#59

 日常英語、こんなときどう言う?#59

本日は「子どもより・・・」の巻。

冬になると心配なのが、インフルエンザ。
最近はノロウィルスという恐ろしいものもありますが。

A: my sister
B: myself
Ri-chan: my sister's daughter


A: Last year, we had a terrible time because my husband
  came down with the flue.

B: Oh, did he? How long did he have to stay in bed?

A: He'd stayed away from the office for four days.
  Since Ri-chan and I didn't want to get infected,
  I made him wear a mask and tried to isolate him
  in a Japanese style room.
  However, he often came into the living room,
  took off the mask and said, "I'm feeling better."

B: Before he was fully recovered?

A: Oh, yes! I told him over and over again not to
  take off the mask, but he never listened.
  Finally Ri-chan and I put on masks.
  He really is more trouble than a child!


《訳例》
A: 去年パパがインフルエンザにかかって大変やってんやんかぁ。

B: そうやったんや。どれくらい寝込んだん?

A: 4日会社休んだわ。こっちにうつったらイヤやから、マスクさせて
  和室に隔離しようとしたのに、「ちょっと気分がよ~なった」とか言うて
  すぐリビングにきて、マスク外すねん。

B: まだ完治してないのに?

A: そうやでぇ。うつるから、マスクだけは外さんといてって何回言うても
  きかへんから、こっちがマスクしたっちゅう~ねん。
  ほんま子どもより手がかかんねんから!


―――☆ words and phrases ☆―――

■ stay away from   ~を欠席する、~から離れている


  That doesn't make sufficient reason to stay away from
  school.
  (そうだからといって学校を休んでいい理由にはならない)
  
  He would stay away from work on the slightest
  pretense.
  (彼はほんのわずかな口実で仕事をさぼったものだった)
  
  Stay away from him. He's a bad apple.
  (彼に近づくなよ。くせ者だから)
  
  That's a situation you've got to stay away from.
  (そんな事態には巻き込まれちゃいけない)


■ take off   はずす、脱ぐ、取りはずす


 洋服を脱いだり、靴を脱いだり、めがねをはずしたり、包帯を取ったり・・・
 こうした動作はこの take off で表現できます。
 
 反対に、洋服を着たり、帽子をかぶったり、指輪をはめたり・・・は、
 put on ですね。
 
  Why don't you take off your coat?
  (コート脱いだら?)
  
  Now you can take off your bandages.
  (さぁ、包帯をはずせるよ)
  
  Take your hands off me!
  (手を離してよ)


■ over and over again 何度も何度も


 他に、time after time, time and (time) again などの類似表現が
 あります。
  
  Children have difficulty remembering rules,
  so it's necessary to repeat them over and over again.

  (子どもたちはなかなかルールを覚えられないので、何度も何度も
   繰り返す必要がある)


  Time and again I have to remind my husband to put on
  his seatbelt in the car.
  
  (わたしはオットに、車のシートベルトをするように何度も何度も
   念を押さなければならない)


■ be more trouble than a child. 子どもより厄介だ
                      子どもより世話が焼ける


 どんな状況で使うかはもう明らかですよね(^^)
  
 たいていの場合は奥様どうしのおしゃべりで、だんな様やペットに関して、
 ちょっとした愚痴(?)のように言うお決まり表現です(笑)
  
 ここで言う「子ども」は自分の子どもではなく、一般的な子どもを
 指しています。
  

―――☆ key points ☆―――

■ stay away from   ~を欠席する、~から離れている

■ take off   はずす、脱ぐ、取りはずす

■ over and over again 何度も何度も

  time after time    何度も何度も
  
  time and (time) again  繰り返し繰り返し

■ be more trouble than a child. 子どもより厄介だ
                      子どもより世話が焼ける





☆日常英語のTOPへ☆