英検1級の過去問題を解いてみたら・・・

 英検1級の過去問題を解いてみたら・・・

英検1級の過去問題集を少し前に買っていたので、
とりあえず試しに・・・と思い解いてみました。
   ↓    
英検1級全問題集〈2006年度版〉

英検1級の筆記パートは、空所補充問題の短文と長文、
長文の内容一致選択問題、英作文問題、
しめて42問79点 時間は100分。
プラス リスニング・・・

わたしが解いてみたのは、2003年3回目の問題だったので
最近の形式とはちょっと変わっているみたいですが、
まぁ英語のレベルは変わっていないでしょう・・・たぶん。

英単語・英文ともに、むずかしぃ~~~というのがわたしの印象。
時間も足らな~~~い。

英作文に関しては回答の一例しかないのでどんなふうに
採点(減点)するのかは???

その英作文以外の4択の問題の出来は、約6割でした。
さて、英検の合格ラインってどんなもんなんでしょう???

合格者の体験話をお伺いすると、やはり筆記問題が大変で
一発合格はなかなか厳しいとのこと(そりゃそうよね~)

2回目、3回目で合格・・・というような話もよく聞くので
わたしも今年度中に1次試験をパスできればいいな~
くらいのつもりです。

前に英検を受けたのは、かれこれ10数年前・・・
その間に受けた英語系の資格といえば、TOEICが数回のみ。
というわけで、英作文もかなり久しぶりだったんですよね。

英検1級の勉強用にボキャビルの本も持ってるのでそちらで
英単語の語彙力をつけつつ、英検の過去問題を順番に解いていこうと思っております。

英単語の語彙力強化対策はこちら
  ↓
発信型英語10000語レベルスーパボキャビル

それにしても、英検1級に出てくる英単語ってほんと難しい・・・(^^;






☆日常英語のTOPへ☆